スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撃退者

黒輪で構築できるようになった新生シャドウパラディンである撃退者の構築を

G0 17枚 
魁の撃退者クローダス FV
厳格なる撃退者 4 ☆
撃退者エアレイドドラゴン 4 ☆
氷結の撃退者 4 引
暗黒医術の撃退者 4 治

G1 13枚
秘薬の魔女アリアンロッド 
無常の撃退者マスカレード 4
督戦の撃退者ドリン 4 
暗黒の撃退者マクリール 4 守護者

G2 12枚 
虚空の撃退者マスカレード 4
黒衣の撃退者タルトゥ 4 
ブラスターダーク撃退者 4

G3 8枚
幽幻の撃退者モルドレッドファントム 4
撃退者レイジングフォームドラゴン 4



FVはクリーピングダークゴートと選択でいいと思いますが、個人的にFVは最低限仕事してくれないと困るので、手札に加わらない確率や後ろに下がったまま4000でブーストし続ける状況を考えるとゴートよりクローダスの方が安定かなと思います。
G3がどちらも2枚以上持って効果を発揮するので仕事すれば強いっちゃ強いのですが加わる確率が5割程度と考えるとあまり好きにはなれません

G3、G2ともに激戦区でどれもフル投入した方がいいカードばかりなのでG1の枚数がちょっと少ないです。

ライドする際はあまり気にならず、ブースト役の枯渇についてはタルトゥがいるため実質的に水増しされてそこまで気にはならないのがかなりのポイント。
1枚だけアリアンロッドが入ってますがここはかなり何でもいい枠、というよりほかに候補がありません
コール対象がほぼトリガーのみのダークボンドトランペッター、手札に持っておきたいうえにパンプがあるので効果の使用タイミングのないレイフォ専用11000ブースト、余ったCB消費にしか使えないアレン互換…


タルトゥがCB2消費なので使いすぎると後のCB消費に響いてきますが
情報が出た当時から言われているようにドリンを呼んでおいて後からブラスターダークをコールすればCB消費がぐっと楽になります。

G1マスカレード呼んでも強い能力ではあるのですがドリンを呼んでおいたほうがブラダやモルドレッドとのかみあいが断然違うので序盤必要なくてもドリンは呼んでおいたほうがいいでしょう。

基本的に優秀なG2軍でアドを取り、バニラに近いG3で安定して殴り続けるというのが撃退者のポイント

G3連中は複数枚抱えてやっと発揮できる程度なので能力を発動しないまま終わる試合も結構あります。
そんな時にはいかにタルトゥとブラダでアドを取れるかがキーになるのでCBの管理はちゃんとしましょう


G3は現状この2種類固定になりがちで、BRは仕様上やや扱いづらく、レイジングフォームに至ってはBRよりも使いにくい部分があります

レイジングフォームはコストの払い方がドーントレスドライブドラゴンに近いものがありますが、ドーントレスと違って上に乗るユニットがレイジングフォームに限定されている分発動タイミングがぐっと絞られます。
またリアガードを要求するのに加えてスタンド方法が再ライドという方法を取るためトリガーが非常に無駄になりやすいという欠点も抱えています。

G3の性能が他のクランにやや劣りがちなので、このクランの勝利のカギはやはりG2でのCB消費に尽きるといっても過言ではないでしょう

CB1で打てる除去は格別の強さです。また手札1枚で構成される16000ラインも非常に強力ですので
いかにこのあたりを引き、Rに展開できるかが勝利のカギでしょう。


と需要皆無な撃退者の話。
研究する必要があるのはLJやペイルムーンや解放者、それとボーイングセイバーなのでしょうけど

撃退者はG3以外はVGの基本で強いカードがたくさん入ってるので組みやすいですね
スポンサーサイト

古代竜

今更すぎるけど古代竜の構築を


G0 19枚
古代竜ディノダイル ☆ 4
竜鳥ファイアープテリクス ☆ 2
古代竜タイタノカーゴ 引 4
キャリートリロバイト 引 2
古代竜オルニトヒーラー 治 4
古代竜ベビーレックス FV 3

G1 13枚
古代竜イグアノゴーグ 4
古代竜トライプラズマ 4
古代竜ガトリングアロ 1
古代竜パラスウォール 4

G2 11枚 
古代竜クリオロフォール 4
古代竜ビームアンキロ 4
古代竜ディノクラウド 3

G3 7枚 
古代竜ティラノレジェンド 4
古代竜スピノドライバー 3


トリガー構成は☆引が6:6の態勢。

理由はVが☆増加する能力を持っているので序盤でダメージを重ねる必要があまりないところ。
その一方で退却コスト用のカードを引き入れるためにドローは重要になるということ。


基本的にはスピノのBR発動してアドバンテージ+パワーを得ながら殴るもしくはレジェンドのLB効果でイグアノとベビーレックスを食って4パンするのを狙ってファイトします

スピノのBR時にレジェンドに乗って戦う見込みがあるのならスピノの退却コストにベビーレックスを含めるのはあまりい選択ではありません。できればレジェンドのコストにしてバトルフェイズに退却させましょう。

レジェンドLBでの4パンはまず1回はFVのおかげで実現できますが
その後どうやって4パンするかがキーになります

イグアノ2枚引きならイグアノ2体復活からイグアノラインを形成して14000のラインにトリガーを振り分けれるようにできますし
追加で投入されたベビーレックスが引ければもう一度同じように4パンできます

レジェンドは非常に大食いですがその能力にCBコストがかからず、且つ相手はこの攻撃をガードしなくてはならないのでお互いにカード消費だけが非常に激しくなります

しかしヴァンガードは最終的に殴る側が優勢になれるため、レジェンドのLBが詰めの場面でCBを必要としないのはかなり大きく感じると思います。特に自身のECBも発動しつつLBのパンプで最終的な要求値がかなり高まるのでお互いに消耗しあった後返しのターン不要になるであろう自分のリアガードを攻めに転用できるのはかなり効率の良い変換となるでしょう。


ただ構築上の欠点もあります

それはイグアノゴーグへの依存度が高いところです。

レジェンドの効果をベビーレックスだけで賄うのはほぼ不可能なので、イグアノを使いまわしてLBしなければなりません
引けていないとほぼバニラ以下のユニットで戦わざるを得なくなり
古代竜の意味とはなんだったのかという状況になります

なので初手にイグアノがあったらライド事故覚悟でもマリガンの時にキープしてRに置けるようにしなければなりません
どうせLBするまでバニラビートなので、1ターンくらいのライド事故も許容範囲でしょう。


使う上で気をつけるのが
イグアノキープ
ブレイクライドでベビーレックスを食べない
レジェンドのLBを使う時はなるべく前列にスタンド状態のユニットがいるように食べる(例としては食ったイグアノをあいた前列に置いたり)
詰めは手札全部使って展開していい
ディノクラウドは相手が4点になったらイグアノ食ってもいい

このあたりでしょうか。

古代竜の真価というものは☆増加でもパワーパンプでもなく4パンにこそあります。
アクアフォースと違って最後にRが殴るためトリガーを割り振れる強みがあるので
盤面がそろった時の強さは折り紙つきのはず。

アド損覚悟でごり押しすると勝てる時もあるので見極めが結構重要なクランだったりします。
古代竜は非常に安くて楽しくて強くてかっこいいデッキなので僕個人のオススメです。

サブクランなので安定はしないですがそこらのデッキよりは強いはず!

抹消者

お久しぶりです。

ブログに書くようなことがほとんどないんですけど最近の規制の影響を受けて抹消者の構築がかわったので載せます

G0 17枚
抹消者イエロージェム ☆ 4
抹消者ポルックス ☆ 4
抹消者ドラゴンメイジ 引 4 
抹消者セイオウボ 治 4
抹消者リンチュウ FV 1

G1 14枚
抹消者デモリッションドラゴン 4
抹消者シュキ 4
抹消者カストル 2
抹消者ガルド 守護者 4

G2 12枚
抹消者スパークレインドラゴン 4
抹消者チョウオウ 4
ドラゴニックデスサイズ 4

G3 7枚
抹消者ドラゴニックディセンダント 2
抹消者ガントレッドバスタードラゴン 3
抹消者スイープコマンドドラゴン 2


抹消者のG3は現在5種類候補があり、BR2種をのぞいた3種類が非常に強力な効果を持ちどれも採用する理由は十分にあります

今回ディセンダントが規制されたため今までディセを使っていたプレイヤーは替えのカードを投入するのを強いられましたが、直前の封竜解放にてガントレッドに劣らぬほど強力なパワーをもったスイープコマンドが登場したため
スムーズに入れ替えが可能になりました。

僕のこの構築はガントレッドとスイープを基本としそれとの相性がいいデスサイズやチョウオウ、さらにそれと組み合わせると強力なシュキをフルで投入しました。

僕自身ガントレッドの評価が低くてスイープはかなり強力なカードだと思っていましたが、効果の発動は単独では難しく、必ず他のカードを必要とします。
デスサイズで起動させるとアドバンテージは大幅に得られるもののCBを大きく消費してしまいますしチョウオウだと自分のリソースを食いすぎます
再ライドで発動すると大したアドにもならないのであまり積極的にライドしたいようなカードというまでは至りませんでした

一方でガントレッドの強さというものはほぼ変わらずで、単体ですべて完結した効果を持っており、やや扱いにくい点を考慮しなければ相当なスペックの高さです。
終盤以降弱い除去効果もシュキの登場により適当に発動するだけでもパワーラインの増強が望めるようになり以前よりもかなり重要なポジションに落ち着いたと思われます。

その結果からガントレッドとスイープの枚数比が3:2になりました

3:3にしてG3を8枚にするのも悪い選択肢ではないわけですが
そうするとたいていG2を11枚にしなきゃいけなくて、デスサイズはディセやスイープのために抜けず、チョウオウはディセには不要だけどもスイープやガントには不可欠、かといって単体でどこまでも役に立つスパークレインを減らすなど論外ということでG2は触れず。
G1の方はというと本当にこれ以上削る部分がなく、カストルももう枚数を減らしたくない、というより増やせたら増やしたいくらいなのでどこも削れません。

なので妥協案としてのこのG3の枚数になってしまいました。


実際のファイトだとシュキを得た影響がかなり大きい気がします。
ディセに乗りっぱなしの場合でもデスサイズ登場からもう一方のラインが21ラインに達することにもなりやすく
このおかげでかなり詰めの性能が上がりました。
チョウオウはバニラ相当の活躍しかしませんが他のカードとコンボになる点があるのでバニラよりは優先できるという印象。



考察は以上。

後封竜解放以降の大まかなクランの印象を適当に


解放者 アルフレッドに乗れば相当なパワーの暴力で抹消者じゃなかなか手に負えない。
ただガントレッドでのカウンターが決まれば有利になれるので絶望的でもない。問題はアルフレッドに乗らない場合でガンスロッドとかで戦うのはほんとに悲惨のひとこと。

抹消者 ディセ規制されたけど勢いは変わらず。強いカードが一気に増えたのもあって総合力はトップ。ゴルパラにもう1種強力なG3が来るまではこれはゆるぎないはず。

ロイパラ 騎士王解除でどう転ぶか。今のところみたことはない

宝石騎士 弱いの一言。カードが足りない上に全体的に中途半端な印象。サロメのスペックは高いので今後次第

かげろう ジエンドが戻ってきたけど以前ほど恐ろしい存在ではなくなってる。ペルソナブラストというシステムがBRより使いにくいあたり、やっぱり解放抹消には及ばないかな。決まれば強いというのは間違いないけど。

封竜 インフェルノはそこそこ強いけど他のカードがあんまり。コーデュロイもいい効果もってるけどG3の片割れが貧弱なのが問題。ドントレス使えばコーデュロイが弱いしブロケードだと半分くらいバニラ。

守護天使 ザラキエルとハスデヤが超つよい。アドは取れないので多くのガードを要求してさっさとシールド消費という形で相手のリソースを奪うのがいいけど8000のユニットがいくつかあるせいで殴れないこともあるというのがネック。

古代竜 イグアノ引かないと試合にならない。引ければ並みのファイトが可能。
BRの性能はかなり高いけど所詮BRだしティラノレジェンドは大味すぎるしダークレックスはクソカス。
ベビーレックス複数積んで何回もレジェンド4パンすれば上位のデッキにも普通に勝てる。

アクアフォース グローリー軸は大きく強化された印象。メイル軸はというとブレイブシューターとタイターンのおかげで殴れるユニットは増えたもののメイルのLB効果をスイープコマンドは簡単に発動してくるのでアイデンティティが4回殴ることくらいしかなくなってしまった。

バミューダ まともに試合したことないからわかんないけど並みなデッキといった印象かな。ラブラドルは強いけどCBクソ重すぎ。



大体こんな感じ。

最近の名称指定のデッキはクラン特性出しながら強い動きをガンガンやっていけるから楽しいっちゃ楽しいんだけど、特定のG3に乗るのを必須としたり、特定のユニットを引くのを前提とするのがよくない。

キーカード引けば100、引けなかったら50どころか0なんてデッキがつよいわけがないし、ファイトしても半分くらいつまらん試合を消化させられる。

その点で抹消者は非常に素晴らしいデッキで特定のキーカードがあるわけでもないしG3はどれに乗っても強いし楽しい。

正直BRなんてシステム必要ないからBRじゃなくてもう1種類強いG3出してくれさえすればどのサブクランも抹消に追いつけるくらいの実力は出せると思う。

出し渋りすぎはよくない。今後強化があればいいけど強化がないならさっさとサブV2種類目出してほしい。



本当のなるかみを見せてやる

ディセンダント軸のなるかみを組んでみました。
ヴァンガードは基本的にデッキを組むのは簡単なのですがこのデッキはちょっと苦労しました。

まずレシピを。

省略してますが全部抹消者です。

グレード0
ポルックス4 ☆
イエロージェムカーバンクル4 ☆
ドラゴンメイジ4 引
セイオウボ4 治
ストライクダガードラゴン FV キルフ式スペリオルライド

グレード1
ガルド4 完全ガード
ヒセン4 ディセンダント専用SB1で11000ブースト。スペライ素材
デモリッションドラゴン4 ケイ互換
コウガイジ3 V専用10000ブースト 爆撃互換

グレード2
スパークレインドラゴン4 バニホ互換
ズイタン4 CB回復+SC スペライ素材
サンダーブームドラゴン3 バニラ

グレード3
ボーイングソードドラゴン3 ブレイクライド
ドラゴニックディセンダント4 主軸


何回かフリーやって結局「どういう過程を通ろうがディセンダントに乗らなければ弱い」という結論に至ったのでスペリオルライド特化型に。

ヒセンはそこまで弱くないしバニホと素11000がいるからスペライ失敗してもそんなにリスクないと思いキルフ式になりました

ボーインとディセ両方握っててもまず乗るのはディセ。ボインはRに配置。

どちらかがダブってたらボインから乗って、ダブってるほうをRに置く。

ブレイクライドは決まれば強いけどディセの場合自身をパンプする効果があるおかげでブレイクライドしてなくても4点ダメージをノーガードされやすく、結局ブレイクライドのパンプが死ぬことが多かったです。

4点をノーガードされたらほぼ勝ちな印象ではありますが、実際のところ意外と☆がめくれてくれずそのまま次のターンへ勝負持ち越しとなんか煮え切らない印象。


それでもブレイクライドが必要な理由は一つしかなく、再ライドしてでもディセに乗る必要があり、その場合は再ライド時のディスアドバンテージ緩和+単体スペックの高さが重要になり、単体でもまぁそこそこ殴れて再ライド時にディスアドバンテージがほぼ発生しないボーインは今の時点では必須です。



一応10000バニラを枠の都合で減らしてあり、その分の埋め合わせはデモリッションで行っています。

手数を増やす手段のほとんどないなるかみにおいて1枚で複数役割を持てるカードというのはその分手札を交換しているのに近いので、ケイ互換はかなり強いと思いました。



ほぼこのままのレシピで大会でたら3位でしたのでディセはかなり強いと思います。

むらくも相手にLB3回発動して勝ちましたしスタンド効果の方はかなり活用機会多いかと

手札がG3ばっかでとりあえず勝負決まらないけど発動しておくという選択もかなり強く、手札交換的な意味合いもあってこちらの効果はやはりぶっ壊れてます。


パンプも詰めの場面やブーストを得られない場合等でかなり活用できるので全体的に無駄のない優れたG3、といった印象を受けました。

メッタメタに治すでっき


ヴァンガードモチベが最近高いです。

今度はメタトロン軸のエンジェルフェザーを。


G0
真紅の情熱ナハス FV
ロケットダッシュユニコーン ☆ 2
クリティカルヒットエンジェル ☆ 4
フィーバーセラピーナース 引 4
ブーケトスメッセンジャー 引 2
サニースマイルエンジェル 治 4

G1
サウザンドレイペガサス 4
光の弾幕ベスネル3
真紅の決意バルク4
純潔の守り手レクィエル4

G2
真紅の衝動アフロディテ4
愛天使ノキエル4
ミリオンレイペガサス3

G3
回転する剣キリエル
不死鳥カラミティフレイム2
真紅の奇跡メタトロン4


このデッキはメタトロンのフィールド整理能力で擬似的な展開能力を持つので、単純にカード1枚をアタッカーに変換できるためドロートリガーが非常に優秀です。

後述するコンボのおかげで高いパワーを数ターンにわたってたたき出せるので☆との相性自体はかなりいいのですが、それらのコンボパーツを集めたりする方が重要なのでドロートリガーをやや多めの6枚採用にしました


G1が15枚ですがこれはサウザンドレイが前衛に置けなくもないことから実質のアタッカーの枚数がそこそこ多めにとれて且つナハスのスペリオルライド成功率をできるだけ高めるためにこの枚数です

とは言ってもナハスのスペリオルライド自体は重要ではなく、主にメタトロンへの積極ライドを狙うのが目的です。

もちろんできるならやるに越したことはないですが失敗したからといってゴルパラのように戦力の低下を引きずることはほとんどありません。


このデッキはメタトロンの場のカード2枚をダメージゾーンと入れ替える効果により、2種のペガサスとカラミティフレイムのパワーをパンプするのが目的にファイトしていきます。

1回の起動でパワープラス4000になるため、ブースト込で20000以上のラインを作るのがかなり得意になります。


さらにここに4枚積まれたG2ノキエルを組み合わせることでパンプの回数は倍増していきます。
ノキエルをコールすることで1回、メタトロンの効果でノキエル+@(主にスペリオルライド失敗時のナハす)をダメージに置き、おいたノキエルを直ぐに場にもどしさらに的確なブースト要員をV裏に配置してやればパンプの回数は4回で実に8000ものパワーが加算されます。

このコンボの強力な点は、フィーバーセラピーやバルク、アフロディテ等の擬似CB効果を何度も使用できる点に加え、メタトロンのLB起動のコストすらも回復するため非常に長期にわたって高パワーラインを複数生成できます。

更にノキエル自体のパワーが8000と非常に低いものの、効果を3回適用されたサウザンドレイの前に置けばパワーは21000となりこのカード自身の欠点を補う非常に優れたコンボとなっています。

手札入れ替え能力のおかげで完全防御や1万ガードを手札に加えやすく、そのおかげで次ターン以降もノキエルを守れる可能性ができ、ノキエルを守れば毎ターンノーコストで6000パンプが可能です。


最強の場は

ノキエル メタトロン ノキエル
サウザン サウザン  サウザン

の列を作り毎ターンパンプ8000×3+ダメージゾーンのバルク等起動で+3000の23000ライン×2+V31000という怪物ラインを作れます。

実際はもうちょっと妥協したラインになりますがそれでも21000、22000、21000のラインとかも軽く作れたりするので意外と強いです。


で最後に1枚だけ積まれたキリエルの説明

完全にメタトロン依存なのでメタトロンにライドできないとヤバめですが
どうあがいてもこれ以上ライド成功率を高めるのは厳しいので(シズク互換を入れれば話はまた変わってきますけど)
どうしてもほかのG3に乗ってしまう可能性もあります
その中で最もマシな選択肢が、ライド時に1枚のボードアドを確保してくれるキリエルです。
メタトロンへの再ライドも積極的に行いたいので、その時に発生するディスアドバンテージをキリエルの効果で先に緩和しておきます。
CB2がやや重いですがノキエルを積極的に活用して回復していくといいと思います。
できれば乗りたくはないのでG3がキリエルしかないときやこれとカラミティとの選択になった場合、一時しのぎとしては十分な性能です。
最悪乗りっぱなしでも5000パンプはついているので一応貧弱なカードではないです。




現状これで回していますが結構強めという印象が大きいです。

基本的に僕はR用のG3は嫌いなのですが、このデッキなら4積み+スペリオルライド手段に最悪キリエルライドとある程度リスクは緩和できているので
少数のみ採用しています。
カラミティを1枚キリエルにしてベスネルを1枚減らしミリオンレイを追加する方が丸くなるかもしれませんがとりあえずこれで様子見。


サウザンドレイをプッシュして書いてますが別に後列サウザンドレイ必須ではなく、前列が同様のパンプ系なら後列が普通のブースト役でも全然問題ないのでラインの形成そのものは意外と簡単だったりします。



エンジェルフェザーは安くて結構強いのでオススメのデッキです。Vが10000固定なのが嫌じゃなければですが。

プロフィール

むし56

Author:むし56
HN:むしころ
主に遊戯王のこととか。
大会レポと賢者考察がメインになります!


ついったー始めました!遊戯王以外のことも呟いてます!


実績

第8回浜松チャンピオンシップチーム戦ベスト8(代行天使5-2)




ベスト16は実績にいれていいのだろうか

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。